サイト 今更ですが・・・少年たちのあらすじとか・・・ | 天使のだみ声癒されブログ
 

天使のだみ声癒されブログ
関西ジャニーズJr.Veteranに所属し、舞闘冠としても頑張っている
【浜中文一君】を応援する関西在住社会人。
歌っても美声・喋っても美声。
天使のだみ声を持った文ちゃんが大好きです。

※初めての方はプロフィールを読んで頂けると助かります☆

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク
今更ですが・・・少年たちのあらすじとか・・・

こんばんは。

ようやく、ちょっとだけ仕事が軽くなりつつあって、気持ち的にかなり楽です。
やることがあれとあれ、更にあれ・・・って感じで追い込まれる感じもなくなったし、
気持ち的にゆっくりできる(´ω`)

東京の少年たち見て、そしたら無性に大阪の方も見たくなって、見てたら、
やっぱり金髪サラサラもいいよね♪って思う・

今年は・・・
サラサラの前にベレー帽が・・・orz
こう、もっと軍服に似合う、皆がイメージできるだろう帽子はあかんかったのか・・・
あれなら絶対カッコいいのにorz

こんなんイメージ

まーそれはさておき、松竹座に何度か入ったんですが、
今回入れない方もいるみたいですし、簡単にストーリーだけ書いておきます。
DVDの東京版を見る方が早いのかもしれないんですがね(笑)

★ショータイム
前回更新したセトリの内容でショータイムスタート。
文ちゃん達はビクゲで出番終わりなんだよね。

★ご挨拶
ショータイムからの流れで劇が始まるのですが、
(ギャンスタ、リトギャン達が歌うのを看守3人が休憩中にテレビで見ているという設定)
そこに看守長の浜中さんが「いつまで休憩しているつもりだ!」と怒りにくるわけです。
そして、お客さんに「看守長の浜中です。今から関西ジャニーズJr.ミュージカル少年たちが始まります。」と声をかけ、スタート。
警棒を取りに行った薫太がすれ違い、そこで薫太を警棒で殴りつけ、
去り際(@花道)、「あのクズどもが・・・」と言い捨てるというスタート早々ドS全開です。

★前半
ストーリー前半は、囚人たちの個人的なお話中心。
時に喧嘩したり、時に笑いあったり。
赤(WEST)と青(バド濱千康二金内)とが対立しながらも、笑えるシーンもあったり。

看守はそんな囚人たちを人間扱いせず、常に暴力。
そんな中で、看守長は淳太君の妹(病気持ちで先が長くない)の容態が悪くなったという「嘘」を付きます。
看守長のやり方に疑問を持つ3人(龍規、龍太、菊)に聞かれても「暇つぶしのゲーム」と答える冷酷っぷり。

幼いころに捨てられて施設で育ち、顔も見たことがない親の悪口を言われて人を殴った重岡君は、
他の子達とは違って、仲間がいるここ(刑務所)が好きやと言います。

★後半
看守たちのやりたい放題に切れた重岡君の提案で脱獄へ。
看守長は最大限の力を使って脱獄阻止。
最終的に、拳銃で重岡君を撃ち殺すことで脱獄を防ぎました。

普段から横暴やりたい放題だった看守長には解雇通知が届き、
看守長のやり方に疑問を抱き、囚人を逃がす行動を取った龍規が新しい看守長。
ここ(牢獄)が好きだった重岡君はここに残り、他の子達は新しい未来へ向かって・・・

って感じなストーリーです。(はしょりすぎたかな笑)

小ネタもちょろちょろあります。
体操のシーンとか、
鍵取るシーンとか
(見た人はわかると思うけど)

あ、あと噂の桶ダンス!
あのミラーボール+客席側ライトという松竹座の照明最大の力の入れっぷり(笑)
ここで使いますか松竹座の力。
文ちゃん出てないし、誰見ようって(逆におっても見−へんかもしれけどね!)

まーバブンで半裸見たし。

っていうかバッファローマンで7割裸見てるし(そういう問題ですかね)

日に日に恐さが増す看守長(人 ´▽`)
皆に「文ちゃん恐い」「文ちゃん凄い」「龍規と並んだ時の身長差凄い」って言われる(ほっておけ)

私は当分見に行かないので、次見に行くのが楽しみ。
次は相方と見れるから、楽しみ20倍ぐらい>▽<

※次回更新でこのブログ最後の更新にします。(移転します)

記録・感想【舞台・ミュージカル】 : - : - : かゆき
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
<< NEW : TOP : OLD>>